壱劇屋ツアー公演を終えて(大熊)

  • 2017.07.01 Saturday
  • 20:25

どうも、クーラーが好きなのにクーラーの冷風に弱きもの、大熊です。
「新しい生活の提案」が終わりました。
ご来場下さったお客様、関わっていただいた皆様、本当にありがとうございました。

本公演としては初めて俳優として参加せず、作演出のみで作品をつくりました。
期待以上だったとか、面白くなかったとか、過去最高のクオリティだったとか、期待してものではなかったとか、感想は様々でした。
しかし劇団としては最終的に現状のベストは出たかと思います。
新人としては岡村、小林、藤島が出ました。恐らく見ている人にはどの俳優が新人だとかは分からない程だったと思います。
あと個人的には竹村のベストアクト出たのではと思ってます。
あれ相当難しいことやってるんです。
あれだけの物量と周りとの調和を保ちつつ個人が浮き立たないといけないし、雁字搦めの段取りの中で自由に生きなくてはならないという、かなり難易度の高いものだったと思います。壱劇屋ではそういうことが多々ありますが、小田切ほどそれが顕著な役はないと思います。
ご覧になった皆さん、あれはそうそう見れる演技じゃあなかったのですよ。
それから自分の脚本・演出作品って今後やる予定が今のところ決まってないので暫しお目見えしません。スポチャンストリートはやりますが、まぁあれは劇団SOLAなので壱劇屋では暫しお休みです。
竹村にバトンタッチ。次はいつになるかな。


あと今回よく我々のなかで話題に上がったのが、「チケットの値段が高すぎるのでは?」という話題でした。
一般は3800円
大学生と専門学校生は2000円
高校生以下は1000円
当日券はそれぞれ500円アップです。
もちろん作り手としては値段に見合った作品を提供したつもりです。
ですが単純に壱劇屋を初めて見る人ばかりの愛知と東京では、ちょっと見に行ってみるかという層には大きなハードルになってしまいました。
大阪でも、何度も作品を観たいけどリピートするにはなかなか厳しい額だと思います。

この値段設定は会議して考えに考えて、出費や収入見込みも計算して設定したので仕方ないと言えば仕方ないです。1ステージの席数やらも超重要になってきますし、今回だと三都市だったので単純な計算では駄目で、労力も三倍でした。
他にも劇場の選び方や、その理由をしっかりと伝えること。
ツアーの日程の組み方。
オファーの余裕の無さ、ご案内の余裕の無さなどなど、反省点は沢山あります。
ていうか日々反省ばかりで、昨日も今日も色々やらかしたことに気づいたりして、もう何か穴があったら入ってすんませんって叫んでから出て甘いもんでも食べたい気分です。

でも次に繋がることばかりなので気持ちは晴れやかです。来年もツアー公演を予定してますので早速活かしております。
あと今月末の新宿コントレックスに壱劇屋で出させてもらうのですが、こういう演劇イベントに積極的に出て行きたい壱劇屋なので、東京と愛知で出れそうなイベントあったら是非教えてください。
出たいです。

最後に、ひっさびさにブログを書きましたが、これについては一つあることを考えたので、それもブログに書きますね。
おしまい。

スポンサーサイト

  • 2017.09.27 Wednesday
  • 20:25
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    壱劇屋Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM