2017を振り返ろう! (井立)

  • 2017.12.31 Sunday
  • 23:33
いだてんです!
五彩の神楽終わりで色々書いたような気がするので、シンプルに!行きます!

2017年出演舞台!


?SKYプロジェクト
「知永とAllyのニューイヤーパーティー」

劇団空組の知永さん企画に初出演。
これ今年?まじか。
えらく遠い記憶のような気がしますが、歌と殺陣をやったような気がします!


?Rinanaワンマンライブ
「Rinana's STYLE 2017」

細野江美さんの紹介で、神戸のシンガーソングライター"Rinana"のバックダンサーとしてライブに初出演。
スクールを卒業してからほとんど踊ってなかったけど、ここから、ダンス意欲が復活。


?メイシアター×劇団壱劇屋
「人恋歌〜晶子と鉄幹」

僕がとても大好きな作品。
石川啄木を演じました。
台本読んで1番ビビッと来た役。
岩手弁をレクチャーして頂き、がんばりました。
高橋さんの脚本×大熊さん演出がとても効いていた斬新な作品だったんじゃないかなと思います。
再演したい。


?SKYプロジェクト
「SKY vol.10」

知永さん企画2回目の出演。
この辺り何かとお世話になりまくりでした。
短編芝居やら、一曲演出やら、色々させてもらいました。
楽しかったなあ。


?1.G.K「Circle」リリースパーティー
壱劇屋「島にまつわるコント」

賊義賊にご出演頂いたKATSUさんがボーカルを務めるロックバンド"1.G.K"のアルバムリリースパーティーに壱劇屋で出演。
異常なまでにウケた記憶。
バリの神話は何回やっても笑い堪えるの必死。


?劇団壱劇屋と愉快な仲間たち
「ルミエールの冒険」

ルミエールホールの大ホールと、裏通路やホワイエ、その他様々な場所を歩くツアー型演劇。
警備員チームの警備員役でございました。
この時、気管支炎を起こしていて、本番間際まで全く声が出せず、病院でステロイド注射を打ってもらい戦っておりました。
ほんと、大変だった。
でも公演としてはめっちゃ楽しかった。


?SKYプロジェクト
「SKY vol.11」

vol.10に引き続き。
出演者、作品数、過去最多って言ってたかな?
稽古期間まじ短かったけど、出演数13本くらいで本当に死んでしまうんじゃないかなと思いました。
キャパを無理矢理広げに行ってるような。
歌にダンスに芝居に、盛りだくさんでした!
演出と振り付けもした!


?Rinanaライブ

タイトル覚えてないけど、心斎橋Fanj-twiceにてバックダンサーとして出演!
怠け者の僕にとっては、定期的に人前で踊る機会があるのは有難いことです。


?SKYプロジェクト
「知永とAllyのお花見ナイト」

何回SKYプロジェクト出るねんってな。笑
とても可愛がってもらっていました。
ダンス作品や、デュエットライブ、ソロライブ、殺陣と盛り盛りでございました。


?Rinanaライブ

これもタイトル忘れたけど、神戸VARITにてバックダンサーとして出演。
別のユニットでスクール一緒やったシミクミが居て、キャレっ子ばっかりでした。
シミクミはやっぱり歌めっちゃ上手かった。


11.中之島春の文化祭
壱劇屋「新しい生活の提案」

こちらは出演しておりませんが、スタッフとして付き添い。
他劇団もいくつか見られて、面白かった。
良いイベントだなあ。


12.静岡ストレンジシード
壱劇屋「ドラマクエスト」

お客様参加型演劇。
ピカチュウ役だったり、ふなっしー役だったり、プーさん役だったり、でした。 静岡飯がとにかく美味しかった。
あとお客様のノリが良くて救われました。


13.劇団対抗コントバトル「ゲキバト」
イカスケ「四面楚歌シンドローム」

俳優の"天下茶屋"役でした。
青木さんのコント作品に出るのは1つの夢だったので、お声がけ頂いてとても光栄でした。
優勝は出来ませんでしたが、面白い作品でした。
一皮向けたかな?


14.チャリウッド2017

今年も壱劇屋はパレードで出演させて頂きました。
昨年は海賊でしたが、今年は学校の遠足がテーマで、クソガキ役をしました。
僕なりのクソガキをやっていたら、大熊さんから真面目に「いだてんちょっと、、キショいわ。」ってダメ出しされたのを覚えています。


15.劇団壱劇屋 東名阪三都市ツアー2017 「新しい生活の提案」

こちらも出演しておりませんが、初めてスタッフとしてツアーを一緒に回りました。
とても好きな作品で、初めは出たいな〜出たかったな〜とばかり思っていたのですが、裏でサポートするやりがいもたくさん見つかって、自身の成長に繋げられたのではないかなと思います。


16.Nico×frogs 旗揚げ公演
「檻の中の微睡み」

日替わりゲスト竹村さん枠に、サプライズで壱劇屋が出演させて頂きました。
組体操をしました。本番のギリギリまで近くの公園で稽古していたような気がします。
柏木は喜んでました。


17.Rinanaライブ

心斎橋Fanj-twiceにてバックダンサー出演。
この時に、Rinanaが次のワンマン芝居を入れたいみたいなこと言い出したんやったかな。
ここから始まった計画が、あと1週間でお客様にお目見えします。


18.茶屋町ベンダース

壱劇屋から丸山さんと参戦。
浴衣祭りだったかな?浴衣で歌って踊りました。
このイベントももっと有名になってほしいなあ。


19.劇団壱劇屋
五彩の神楽「憫笑姫」

五彩の神楽の第一弾。
独鬼ぶりの殺陣、アクションモブでした。
一発目にしては段取りも舞台セットもなかなか過酷だったような記憶。
ゲストは末満さん、りなっち、川端さん、真壁さん。
千秋楽後、これあと4回もあるんか、、 って思ってました。


20.劇団壱劇屋
五彩の神楽「賊義賊」

五彩の神楽の第二弾。
「憫笑姫」の世界観たはかけ離れた、ポップなオープニングから始まります。
ゲストはるみちゃん、KATSUさん、いくやんさん、にいやんさん。
僕は瓦版屋役とアクションモブと、行ったり来たりでした。
千秋楽後、2個終わった、、あと3個、、、
と思ってました。
がその反面、早く次がしたい。と思うようにもなってきました。


21.ラブリーフェスタ
壱劇屋「ドラマクエスト」「クジラの遊び場」

ストレンジシードでやったドラマクエストをルミエールホールで再現しました!
ドローンが壊れてしょっぱい終わり方になりました。

クジラの遊び場はルミエールホールの吹き抜けになっているテラスでさせて頂きました。
床がトゥルントゥルンで何度もこけそうになりました。
久しぶりの大熊さん演出で楽しかったです。


22劇団壱劇屋
五彩の神楽「心踏音」

五彩の神楽の第三弾。
台本を読んだ印象では僕イチオシで、個人的にとても楽しみにしていた作品。
ゲストは、よっしーさん、坂口さん、美里ちゃん。
もうなんか人間ってなんなんだってただただしんどい作品だった。
でもやっぱり好きだった。
植松ダンス選抜でも踊れてよかった。
あと稽古場でよっしーさんの代役をしてて、初めて芯を経験して少しは成長出来た気が、、


23.細野江美プロデュース公演
「V.O.I.C.E」

江美さん原案の、竜崎さんの脚本演出。
お芝居×ダンスの割と攻めた作品。
オープニングの攻め感。
あと僕はテンという男の子の役で、真壁さん演じるリツの幼馴染でした。
重要な役どころを頂けて、楽しく演じました。
この役がかっこいいと好評で嬉しゅうございました。


24.劇団壱劇屋
五彩の神楽「戰御史」

五彩の神楽の第四弾
スタッフとして参加。
稽古場ではなんちゃって演出助手。
劇場ではサンプラー補佐でした。
出演しなくても成長ポイントがたくさんあるのが壱劇屋。
ゲストは赤星さん、駿九郎さん、満腹さん、サリngさん。
ゲストの皆さんめちゃくちゃかっこよかったですが、アクションモブがとてもかっこよかった。
あと、大変そうだった。


25.劇団壱劇屋
五彩の神楽「荒人神」

五彩の神楽の第五弾。
なんにでも終わりは来るのだなあと。
憫笑姫ターンでは柏木と兄妹役でした。
全てにおいて五ヶ月の集大成でした。
ゲストは薫ちゃん、亨くん。
シークレットゲストは、赤星さん、よっしーさん、美里ちゃん、真壁さん、川端さん、りなっち。
主役チームが出て来るところは本当に客先で観てみたかった。
幕の仕掛けを裏でイジイジしてましたので。
千秋楽終わりのあの大拍手は忘れられませんなあ。
感動しました。
ありがとうございました。



ざざざっくりと書きました。
書いてないけど、合間にストリートライブとかもやってます。
2017年めっちゃ色々やってた。

写真も添えようかと思ったけど、間に合わないなあ。
写真は写真で、また別で載せようかなあ。


本当に、僕に関わってくださる皆様のおかげで素敵な幸せな一年でした。
来年も、さらに飛躍出来るよう精進して参りますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします!


それではこのブログはこの辺で!
良いお年を〜!!

五彩の神楽、完!(井立)

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 17:57
いだてんです。
8月より始まった五ヶ月連続企画『五彩の神楽』5作品全ての公演が終了しました。
僕にとっては、今までの人生で1番のビッグイベントでした。

本当にたくさんの人に協力して頂き、みんなの力でこの企画をやり遂げる事が出来ました。

ツイッターでお客様が、「ネタバレツイート解禁にはなったものの、何からどう書いていいやら」という事をたくさん書いて下さってますが、僕もまさにその状態です。
この五ヶ月間、本当に色んなことがありました。
嬉しいことも悲しいこともあって、楽しいことも辛いこともあって、想い出なんて語り出してしまえば僕はきっとこのブログを書き終えることが出来ないでしょう。
それくらい、濃厚で充実した五ヶ月でした。

劇団員にも、アクションモブにも、ゲストさんにも、スタッフさんにも、お客様にも、家族にも、めちゃくちゃお世話になった。
本当に、感謝してもしきれない。

ありがとうございました。


個人的な話をすると、僕にとって昨年の「シャドウトラフィック」が壱劇屋本公演デビュー作で、その翌月の「独鬼」が殺陣デビュー作でした。

あの頃は分からないことだらけで、ただやるだけに必死でしたが、この五ヶ月企画では殺陣や演技のスキルアップはもちろん、作品への取り組みや根本的な意識、考え方から変わった気がしています。

それもこれも、竹村さんや各月のゲストさんを始め、尊敬出来る共演者たちと一緒にここまでやってこれたからだなと。

これだけの出演者がいて、あの危険度の高い舞台で、過酷なスケジュールで、誰も大きな怪我をせず、病気もせず、欠員無しで最後まで乗り切れた事は本当に素晴らしい事だと思います。
本当に良かった。本っ当に良かった。

ひとつ心残りがあるとすれば、「荒人神」を客席から観ることが出来なかったこと。
これはもう本当に。
こんなに客席で観たいと思った作品はないです。笑

でもそんな、自分たちも良いと思える作品を、たくさんの方に観て楽しんで頂けたことがとても幸せでした。
これからも、皆さんに楽しんで頂けるように、色んなことをやっていきますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。

まだまだご感想お待ちしておりますので!


では!
良いお年を!











担当は金曜日です。(井立)

  • 2017.12.09 Saturday
  • 12:37
いだてんです。
昨日の担当でした。
まだ間に合う。

ということで、昨日の稽古について。
もう現段階で、45分くらいは出来ています。
ここからまだ編集はかかるのでしょうが、五ヶ月連続企画五作目のクライマックスシーンともなれば、やはりとんでもないです。
いよいよ、本当に最後なんだなあという感じ。

僕はただただ客席で観たい。
し、たぶん客席で観てたらもうスタンディングオベーションか、ガッツポーズで「フォーウ!フォーーウ!!!ピィ〜イ!!(指笛)」かのどっちかです。
指笛は出来ないんですけど。

なので、結果僕が客席にいなかった事は正解だったのかも知れません。(何を言ってるんだろう)

まあとにかく、観に来て頂いたお客様には、五感全部でLiveの荒人神を感じて欲しいし、自分の感情に振り回されてほしいなあと思います。(?)

最初から最後までめちゃくちゃ濃密な、五ヶ月の締めくくりに相応しい作品です。

年末、何かとお忙しい頃かとは思いますが、絶対に後悔させない作品にしますので、まだ悩まれている方はどうか壱劇屋に、1時間と少しの時間をください。
完売回や、残席あとわずかな回も出てきてますので、本当に本当に、お早めにお願いします!

少なくともこのブログを読んで下さっているあなたには、「荒人神観たかった...観とけばよかった...リピート増やせばよかった...」と後悔してほしくない!

きっと何度観ても楽しめますので、ご検討よろしくお願い致します!



それでは本日も1日稽古。
いざ!

モード荒人神。(井立)

  • 2017.12.01 Friday
  • 23:21
いだてんです。
もう随分前のことのように感じる戰御史。
まだ千秋楽から4日しか経ってないのですね。

改めて、ご来場頂いた皆様ありがとうございました。
おやすみ期間ではありましたが、みんなの稽古〜本番をずっと見てきて、僕自身勉強になることや刺激を受けることがたくさんありました。
本番ではサンプラー補佐という初経験なこともさせて頂けて、自分にとってもたくさん得るものがある公演でした!

ゲストの方々はやっぱりかっこよかったです。
ファンになるしかなかった。ですよね。
裏方の僕にも優しく接して頂けて嬉しかったです。

竹村さんはトリプルコールで「赤星さんと大熊さんかっこよかったでしょ〜!!」と仰っていました。
それももちろんそうですし、他のゲストの方々も、河原さんも、竹村さんも、かっこよかったです。
ただやはり僕としては、「アクションモブかっこよかったでしょ〜!!」と声を大にして言いたい!

ほんまに、みんなかっこよかった!
なんか、殺陣がとか、演技がとか、そういう事だけではなくて。
作品に対する姿勢とか、馬鹿になってる向上心とか、周りへの思いやりとか、もう全部引っくるめてかっこよかった!
とにかく皆様お疲れ様でした!
そしてこの作品に関わって下さった全ての人にありがとうございました!





とは言うておりますが!!
もうそんな余韻に浸る間もなく、我々は第五弾「荒人神」の本番に向けてごりごり稽古をしております!

五ヶ月連続企画の、五ヶ月目。
ついにここまで来ました。
8月からみんなで培って来たもの全てを出して挑みます!

ゲストには、劇団Patchから田中亨くんとCheeky☆Queensから畠山薫ちゃんをお招きします!
2人とも初共演!

と思いきや、亨くんとは知る人ぞ知る、な二度目の共演なのです。
ただ芝居中で絡みはほぼ無かったので、今回とても新鮮な気持ちであります。
あの頃は、こんな形でまた共演出来るとは想像もしていなかったので、とても嬉しいですね。

薫ちゃんは、10月から稽古場に顔を出してくれたり、11月は裏方として戰御史を共に支えてくれておりました。
稽古場に毎日いる出演しない組、みたいな感じで、早く荒人神やりたいな〜!出たいな〜!とずっと2人で言っていたので、やっと!!!の思いです。

亨くんとも薫ちゃんとも、既に最初の方で絡みがありそうなので、そこにも注目してもらえたらなあと思っております。

僕自身は一ヶ月ぶりの出演で、正直とてもとても苦戦しておりますが、みんなに追い付け追い越せで一日一日、大切に稽古に臨みます。
五ヶ月の集大成。
楽しみにしていてくださいね!



ありがたいことにお席どんどん減ってきてますので、まだ悩まれてらっしゃる方はどうかお早めに、お願い致します。
観たい人全員に観て欲しい作品です。

竹村さんも、みんなも、期待を裏切りませんので。




ご予約はこちらから!


こりっち井立フォーム

演劇パス

チケットぴあ





それでは明日は、おかむーさん!
よろしく!

完全に見なきゃ損。(井立)

  • 2017.11.23 Thursday
  • 23:42
いだてんです。
劇団壱劇屋 五彩の神楽 第四弾「戰御史-Ikusaonsi-」いよいよ明日開幕です。

今日は小屋入り2日目。
場当たり&ゲネプロでした。

毎度のこと、衣装・美術・音・光が入ると、稽古場風景の5倍はかっこよくなりますね。
稽古場動画を見て「かっこいい!」「おもしろそう!」と思って下さった方、この戰御史はそんなお客様のご期待を軽く超えていける作品だと思っています。


ゲネプロはかなり良かった。

アクションモブチームに関しては、多かれ少なかれミスはあったのかも知れないけど、外から見ててそんなことはほとんど気にならないくらい、見所たっぷりで、ものすごい運動量で、一人一人が輝いておりました。
みんなの集中力まじすげえっす。まじリスペクトっす。
本当にこの四ヶ月で、技術も思考も発想も思いやりも成長しているのが目に見えて感じられます。
(僕は来月足を引っ張らないか、内心焦っています)
ほんまにみんなの成長を、かっこいい姿を、この作品を通して見て欲しいです。



メインキャストチームは、それぞれの個性がすごく魅力的です。

大熊さんは、安定のマイム技術が作品にとても良い影響を与えているし、演技の熱量がすごいです。こんな熱量の大熊さんはなかなか見れないと思います。
竹村さん作品でしか見れない大熊さんを、お楽しみに。

駿九郎さんは、イメージが変わったと言うか、こんな一面も持ってはるんや。幅広いな〜。と思いました。
こちらも、他の舞台ではなかなか見ることが出来ない役柄じゃないかなあと。ファンの方必見です。
芝居も殺陣もかっこいいです。

満腹さんは、完全に満腹さんにしか出来ない役です。
稽古場動画でちらっと殺陣を見た方もいるかと思いますが、豪快で爽快です。
あなたの日頃のストレスを代わりに発散してくれます。笑
笑っちゃうくらい気持ちいい殺陣をして下さいます。

サリngさんは、動画等でも言ってますが、男にも女にもモテるであろうキャラクター。
キャラ人気投票では確実に上位に上がって来るでしょう。
めちゃくちゃかっこいいんですけど、僕的にはかっこいいと言うより、渋いです。ほんまに、渋い。
きっと、女性のお客様は観劇後、間違いなくメロメロになっていることかと。
銃剣殺陣にもご注目。

河原さんは、今回は中距離走者みたいな感じです。
お客様の体感的には短距離走者かも知れません。
短い時間の中にぎっしり詰め込まれてます。
400m全力ダッシュ、的な感じです。速さ命。
得意のアクロバットを活かした殺陣にも注目です。

赤星さんは、戰の神かなと思います。
なんなんでしょうあのかっこよさは。
速すぎ&強すぎ&怖すぎです。HTKです。
キャストの中でおそらくダントツの殺陣量なのに、体力の消耗を一切感じさせないのです。
なんかもう雰囲気から何から凄すぎて見てると無意識にニヤニヤしちゃいます。 赤星さんファンの方、動画で赤星さんかっこいいなと思った方、戰御史の赤星さん、絶対見なきゃ損です。
絶対に見て下さい。えぐいですよ。

作・演出・出演の竹村さんの役所は、見てのお楽しみです。
今月もとんでもない作品をお作りになられました。
アクションモブそら大変に決まってます。
でもそれはきっとここまで一緒にやってきたみんなへの信頼があるからこそなのだと思う。
今のみんななら出来るはず。
そしてまた最終月に向けて成長する。

大変なことを大変な数やってる分、それに比例して見応えもたっぷりです戰御史。
本当に楽しみにしていてください。

僕もサンプラー補佐の役割を頂いたので、初挑戦ですがみんなと一緒に良い作品に出来るよう頑張りたいと思います。


チケットまだご予約可能ですので、売り切れてしまう前に、ぜひお早めに確保くださいませ。


戰御史、明日開幕ー!!

戰御史のいだてんフォームも一応あるんですねえ。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

壱劇屋Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM