さらば2017。(西分)

  • 2017.12.31 Sunday
  • 23:30

年越しそばより年越しうどん派。
こんばんは、西分です。



2018年の背中が見えてきました。
間も無く2017年も終わります。

毎年言ってますが、一年が本当にあっという間で、本当に12カ月あったのか?と疑いたくなる気持ちすらあります。



壱劇屋に入ってから初めて、役者を辞めることを本気で考えた年でもあり、もう少し頑張ってみようと決意できた年でもありました。
良き一年だったように思います。


2018年は壱劇屋創設10周年。
これでもかと盛り上げていきたい所存です。

人間・西分綾香としても節目の年です。何かを成し遂げることができるのか、否か。


ずっと続いていく確約はなくて、まだまだ強固な存在ではない劇団ですので、今後も続いていけるように、続けていける手応えを得れるような、そんな一年にしたいと思います。





今年初めて壱劇屋に出会ってくださった皆さん、新しいご縁をありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。


今年も壱劇屋にお付き合いくださった皆さん、お世話になっております。今後ともよろしくお願いします。


しばらく壱劇屋を観てないなぁという皆さん、全国あちこち出向いていける劇団になるまで暫しお待ちください。今後ともよろしくお願いします。









出演履歴やらは壱劇屋ツイッターで振り返りましたので、駆け足ですがブログではこれにて!
良いお年をーーーー!!!




#私と五彩の神楽 (西分)

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 23:40


こんばんは、西分です。

12月26日ですね。
五彩の神楽が終わりました。




荒人神について。
公演情報には名前のない、いわゆるシークレットキャストが5名(千秋楽だけ6名)いらっしゃるという、特殊な公演でした。

各月の主人公が最終章で集結する、という構想は企画段階から存在して。
その試みを受け入れてくださった、中村るみちゃん・吉田青弘さん・赤星マサノリさん。

出番はほんの一瞬ながら、物語のその後をどうしてもお見せしたくて、無理を承知でご相談したら快く出演を決めてくださった真壁愛さん・川端優紀さん・今中美里さん・久代梨奈ちゃん。
あと、アクションモブからの早着替えに応じてくれた新谷佳士さん。




そして実は、事前の劇団会議において、<もし目標動員に届きそうになければシークレットキャストの皆さんも出演を告知しよう>と決めていました。
サプライズと公演の興行的成功、どっちを重視するべきかという意味で。


結果、今までにない速さで前売り券が完売していき、この企みはなんの障害もなく実現しました。




・・・いや、これ、ほんとに凄いことやと思うんです。
主語は壱劇屋ではないです。
ゲストおよびアクションモブの皆さんと、お客様です。



稽古に参加していることも書いちゃダメ、写真も載せちゃダメ、あの人も出るよって言っちゃダメ、という縛りの多い環境を受け入れてくださったこと。

ネタバレ厳禁のため内容は明かせません、でも見に来てくださいという宣伝を信じてご予約くださったこと。



これら全てが揃わなければ、この形での「荒人神」は存在しませんでした。

本当に、本当に、ありがとうございました。





五ヶ月連続で新作をやるということで、何もかも順風満帆ではありませんでした。

作業も稽古も絶え間なく押し寄せて、それでも企画は進んでいて。

責任もある。助け合いもできる。
劇団だからこそ出来たことばかりです。

そんな中で完成した作品たちが沢山の方に愛されていること、上手い言葉が見つかりません。

ただただ感謝しかありません。




赤星さんが、

「いつか一週間くらい劇場を借りて五作品一斉上演できたらええな」

と仰っていました。


五彩の神楽は再演しません(できません)が口癖でしたが、ナルホドそれならアリかなぁなんて考えてしまいました。


いつか壱劇屋がもっともっと地力のある劇団になって、皆さんがまた出てもいいよと言ってくれて、また観たいと言ってくださるなら。

いつかそんな日が来たら素敵だなと思います。




五ヶ月間お付き合いいただき、本当にありがとうございました!





追伸。
今日から投票の始まった【CoRich!舞台芸術アワード2017】で、我々壱劇屋、二連覇を狙っています。

良ければクチコミ・投票お待ちしております!


第1位獲れたら、あのー、なんかやります!私に権限はないので劇団会議に出します!
なんだこの公約!!!


100000000人に観てほしい。(西分)

  • 2017.12.15 Friday
  • 17:18

どうも、西分です。





唐突ですが、【観劇三昧】というアプリをご存知でしょうか。

小劇場・商業問わず、全国240もの劇団が登録・映像提供をしている、舞台映像専門の配信アプリです。


壱劇屋も参加させていただいてまして、今ではDVDが手に入らない作品も観れちゃったりします。

何故DVDの販売をやめたのかというと、ズバリ拙さが過ぎて見てらんないからなので、若い粗いガムシャラな我々が観れちゃったりします。


基本は月額料金980円で見放題のシステムなんですが、劇団の裁量で無料配信もできるのです。
ということで、やります。やってます。

劇団壱劇屋による五ヶ月連続企画【五彩の神楽】、第一弾から第四弾までを四日間限定無料配信!!!




ドドン。

いよいよ来週末に迫った第五弾「荒人神」に向けて、1人でも多くの方に壱劇屋を・五彩の神楽という企画を知ってもらいたいぜという企みです。


劇中に台詞の無い殺陣芝居。
それを五ヶ月に渡って、毎月新作で、一話完結ものをを作る。

似ちゃったりするんじゃないの〜?とお思いの方にこそ観てほしい!


8月「憫笑姫」は姉妹の物語。
互いのために剣を握る姉妹を軸に、陥れようとする者・助けてくれる人・共に立ち向かってくれる人たちとの関係性が描かれます。

9月「賊義賊」は義賊の物語。
最強カワイイ主人公による痛快アクション。ポップな世界観と裏腹に、ズシンと心に響くシーンも多々。

10月「心踏音」は男女の物語。
目が見えない男と声を出せない女が出会って、惹かれあう。「?」なシーンがある瞬間から「!!!」になる、叙述トリック的殺陣芝居。

11月「戰御史」は戰場の物語。
考えるな、感じろ。普段の壱劇屋の作風に一番近い、殺陣芝居でこれやっちゃうかー!(興奮)な作品。とにかく目で楽しい。




これら四作品が、今日から四日間連続で、一作品ずつ無料で見れます。


本日12月15日は第一弾「憫笑姫」のターン。
ワタクシごとですが、ワタクシ、主役やってます。殺陣芝居で主役。

観てほしいです。見返すと「うわあああオマエもっと頑張れよおおお」と胸を掻き毟りたくなるシーンもあるんですが、それでも観てほしいんです。




23:59までなので、どうにか70分確保してください!

アドレスはここです。
パソコンなら登録せずに見れます、確か。





100000000人くらいに見てほしいなあ。
なにとぞよろしくお願いします。


アフタートーク。(西分)

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 01:23


こんばんは、西分です。
「荒人神」の稽古に明け暮れる、2017年師走。
冬が本気出してきましたね。寒いわ。



モリモリ稽古している「荒人神」なんですが、お席もモリモリ減ってきています。
私のイチオシはなんといっても初日。
12月22日(金)15:00開演です。
前情報・ネタバレ一切気にせず見れるのはこの回のみです。


日頃は公演が始まるとタイムラインを荒らし続けることになる壱劇屋ツイッターも、今回は作品の性質上ネタバレの存在を重く捉えていまして、稼働させない予定です。
普通のつぶやきはしますけども。感想のリツイートは一切しません。


なので、普段は感想を見てから行くか決めてるねんなーという方も、今回ばかりはご決断を!お願いしたいところです!


12月22日(金)15:00はアフタートークもあります。
五ヶ月連続企画の各主人公たちが一堂に会するという企画。

壱劇屋より竹村・大熊・西分、赤星マサノリさん、吉田青弘さん、中村るみちゃん。
よくよく考えてみれば、この6人が同じ舞台上に揃うのってこれが初めてなんです。


どんな話をするんかなー。
並んだ時に「アレッあいつだけ普通の人間じゃね?」となること請け合いな私としては、大変ドギマギしています。戦闘力格差社会。


という話を稽古場でした時に、丸山さんから「でも一番金持ちやで」と言われてハタと気付きました。
ほんまや。四天王では最弱やけど地位と権力ナンバーワンやった。
どうも、一国の王です。


そして12月25日(月)13:00にもアフタートークをやります。
題して「赤×坂 対談」です。

赤星マサノリさんと坂口修一さんにお越しいただきます。

赤星さんはなんとアフタートーク二連発。ほんま、有難い限りです。忙しい年の瀬にも関わらず。

今からどんな話が聞けるんやろかとワクワクしています。めっちゃワクワクしています。まだご予約可能です!






言えないことが多いと公言している「荒人神」ですが、それが作品の本質全てというわけではないです。
ちゃんとした殺陣芝居として物語が紡がれています。ちゃんとした、ってなんや。

五ヶ月連続企画の最終章!と煽っておきながらなんですが、あまり気負わずに観に来てほしいです。
それは過去の四作でも同じだったと思います。


ただ、「憫笑姫」「賊義賊」「心踏音」「戰御史」を観ていれば観ているほど楽しいというか、深みが増すのは間違いありません。
観劇三昧にて配信していますので、良ければ是非。
無理してでも四作品観て!というわけではなく、一作品だけ見逃したとかなら、いっそ全部見てほしい!な気持ち。


「荒人神」での発見が増えると思います。







二週間後には全部終わってるのかーと思うと不思議だなぁ。
悔いなく終われるよう頑張ります。

西分でした。

担当じゃないけど書いちゃう。(西分)

  • 2017.09.17 Sunday
  • 01:15

担当じゃないけど書きます。

こんばんは、西分です。





「賊義賊」の稽古が佳境です。
そらもう佳境です。
明日(もう今日だ!)には全ての段取りをつけて、通し稽古の予定。


「憫笑姫」の頃のブログを読んでみたら、だいたい同じ進捗でした。

土曜日に終盤までを通して、
日曜日に全部の段取りがついて、
月曜日と火曜日に必死で足掻いてた。


という一連から、一ヶ月も経っていない今日です。
ううむ。目まぐるしいぜえ。









残り稽古日数は3日。
まだまだ良くなる。というのはつまり、もっともっと良くしないといけないということ。

芝居に殺陣に段取りに、処理しないといけないこと山積み。

でも全部うまいこといったら、面白い作品になるぞーという謎の自信はある。


もし、「五ヶ月のどこかで子供と一緒に観に行ってみようかなあ」とお考えのお客さまがいらっしゃいましたら、この「賊義賊」を強く強く推します。

見終わった頃にはきっと、「殺陣やりたい!」とホクホク顔で言われちゃうことでしょう。











日付変わって今日は通し稽古。

きっとたくさんの発見がある。
たくさんの反省も見つかる。
ゴールが見えたら道筋も見える。
芝居の流れに乗っかったら、迷わずに進める。

というのが、先月私が学んだことです。
もちろん今月の私も、いっぱい発見をしていかねばです。


初のアクションモブ!
フォロー&サポート&リード!な、気持ちで!頑張ります!

メインもアクションモブも物語バトンリレーの参加者である。
差なんて無い。



寝ます!
おやすみなさい。



PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

壱劇屋Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM