パーティー稽古中!(河原)

  • 2018.01.14 Sunday
  • 08:34

今回もヒロイン!




どうも僕です。


10周年記念パーティーへ向け、コントをせっせと稽古中です。来週には終わっている。


内容の告知はちょろちょろツイッターで行われているのですが、こちらをご覧ください。



まぁ内容の文字はええですよ。写真が。なぜ僕なのか。

下ネタギリギリとでも言いたげな貼り方。

だれが下ネタギリギリなのか。

おのれ西分。


今回は一休さんのおさよちゃん役ということで、過去のあかね、あずきよりさらに年下です。

はっきりいって幼女役は初めて。


稽古初日には「あずきちゃんと一緒やんけ!」と言われていた僕ですが

頑張って幼女感を出そうと試行錯誤。

誰がこの演じ分け興味あんねん。


パーティー、あと少ししかお席ありませんので、来られる方はお早めに!


それでは!河原でした!!

劇団壱劇屋「独鬼-hitorioni-」アクションモブ大募集!!!

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 17:05


wordless × 殺陣芝居 × 東名阪三都市ツアー

劇団壱劇屋「独鬼-hitorioni-」



アクションモブ 大募集!!!



関西小劇場界で気を吐き続ける若手の雄、劇団壱劇屋。

2015年より始まった、劇団員の竹村晋太朗が主導で行う公演は、台詞を一切使わず殺陣のみで世界を表現する新スタイル!

数多のエールを受けて2017年には怒涛の五カ月連続新作公演を実施。総動員数は五作合計で5000名を突破する盛況振りを見せた。


そして劇団創設10周年にあたる2018年、ついに大阪・東京・愛知を巡演する三都市ツアーにて上演決定!

劇中に台詞は一切無し(=wordless)、使用言語を飛び越えた70分の殺陣芝居。 2016年初演時に会場を涙の渦で包み込んだ、死なない鬼と人間の女の物語です。

つきましては、上記三都市ツアー公演のアクション特化型アンサンブルキャスト(アクションモブ)を広く募集いたします。






【オーディション日程】
2018年2月21日(水)
(1)13:00-14:30
(2)15:00-16:30
(3)18:00-19:30
(4)20:00-21:30
※ご希望のオーディション日程を応募書類に明記してください。


【募集内容】
アクションモブ(殺陣シーンにおける絡み役を演じていただきます。稽古の進行具合よっては、役付きとなる可能性もございます。)


【小屋入り日程】
<大阪>
6月13日(水)〜6月17日(日)
ABCホール

<東京>
7月11日(水)〜7月17日(火)
シアターグリーンBOX in BOXシアター

<愛知>
7月27日(金)〜7月29日(日)
東文化小劇場


【稽古日程】
4月中旬より稽古開始。週4日程度予定(内、週1日は昼から稽古)です。
5月中旬より、週6日稽古予定(内、週1日は昼から稽古)となります。
稽古場は、大阪市内を予定しています。


【応募条件】
◎心身ともに健康な方。
◎上記小屋入り・本番日程に必ず参加できる方。
◎上記稽古予定に概ね参加できる方。※応相談
◎経験不問。
◎未成年者は保護者直筆の承諾が必要。


【オーディション内容】
一次:書類審査
二次:実技(演技・殺陣)&面談


【その他】
◆稽古への出席具合に関しては、ご相談に応じます。
◆参加費の徴収や、チケットノルマはありません。
◆東京・愛知公演時の宿泊先・大阪からの往復交通手段はご用意します。稽古場や劇場への交通費に関してはご負担をお願いいたします。
◆オーディションに関してのご連絡は別途メールにて行いますので、連絡の付くメールアドレスを応募書類に必ず記載してください。
◆書類審査がございます。不合格の場合もメールにてご連絡いたします。


【応募方法】
履歴書に必要事項(過去の舞台出演経歴含む)を記入の上、L判写真(全身・バストアップ各一枚ずつ) を同封し、下記住所まで送付してください。
書類・写真共に後日返送致し兼ねますので、その旨ご了承ください。


【応募締切】
2018年2月13日(火)必着


【送付先】
〒536-0007
大阪府大阪市城東区成育2丁目1−1堀ビル205号室
劇団壱劇屋オーディション担当


【お問い合わせ】
ichigekiya_office@yahoo.co.jp


◆竹村晋太朗プロフィール
劇団壱劇屋所属。
同劇団の旗揚げメンバーとして活動を続けるほか、2012年には期間限定の武者修行として「ジャパンアクションエンタープライズ(元・JAC)」の門を叩き、スタントや立ち回りなど、様々な格闘技表現を学ぶ。
他劇団への客演やプロデュース公演にも多数出演。役者のみならず、殺陣師としての活動も精力的に行っている。
2017年8月〜12月に五ヶ月連続公演「五彩の神楽」を上演、総動員数5834名を記録した。


2018年になってますわ(河原)

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 01:18

初ブログですわ。




どうも僕です。


2018年になりまして、最近はもっぱら10周年記念パーティーの稽古に勤しむ我々です。


Youtubeに投稿しておりますが、今回の10周年記念パーティーのメインテーマは一休さんです。


こう、文字面で見ますと本当に意味がわからないですね。


まぁとりあえずこれを見てください。



このように、今回で3シリーズ目となるアニメのOP再現。

やった感じは今までで一番難しいですね。

年代が遡ると、難易度がぐんと上がりますね。



これが我々の教科書です。

先に見てほしいポイントを伝えときますと

・最初の藤島の鐘。

・看板の文字を口パクする丸山さん

・「とんちんかんちん一休さん」の一休さんで音ハメで顔を動かすこばーん


これが僕が特に見てもらいたいポイントですね。

特に音ハメは一休さん側がちゃんとやっていて稽古場で爆笑が起きました。

まさかあの年代のアニメに音ハメという表現があるとは思いませんでした。


こちらの演目、10周年パーティーの1つに過ぎませんので、ぜひ生で観に来てください。


ご予約はこちらから。こちら


それでは!河原でした!


空はどこまでも青く(岡村)

  • 2018.01.04 Thursday
  • 15:25
明けましたね。おめでとうございます。岡村です。


昨年は色々とありましたね。振り返ろうかと思いましたが年も明けたので前を向いていこうと思います。本年も壱劇屋を、岡村圭輔をどうぞよろしくお願い致します。


ただいま大阪行きの高速バスの車内でこのブログを書いております。


元旦から帰省して羽根を伸ばしておりました。僕の背中には羽根がある。


いやー本当にゆっくりできました。


姪っ子に会いました。かわいやかわいや。自分の生活で手一杯なのでお年玉は宝払いで頼む。


中、高の友人達にも会いました。




子どもが沢山。かわいやかわいや。



高校球児風に撮ろうと言ったのですが写真を見る限り誰も賛同してくれてないようです。


そもそも写真がスタンプだらけでわけわかりませんね。
しかし最近は物騒な世の中なのでこうゆう対策もしていかねばならんのでしょうね。
じゃあそもそも写真載せなきゃいいじゃんとゆうことにもなってくるのでしょうね。


とまぁ最近のSNS社会に一石を投じたところでそろそろお時間のようです。


演劇全然知らない友人達が「テレビや映画いつ出るん?」「早よ有名になってサインくれーや」など言ってくるわけです。



ありがたいですね。正社員辞めてこんな道に進んだ僕に誰一人マイナスな言葉をかける人はおらず、「すげーな」「お前のSNS見てたら俺も頑張ろうって思うわ」なんて言ってくれるわけです。


ありがとうありがとう。なるべく早く鳥取まで活躍が届けられるように頑張るよ。







犬。


2018年も劇団ブログが栄えますように。

2017振り返り(河原)

  • 2018.01.01 Monday
  • 02:12

もう2018になってしまった。



どうも僕です。

2017年のことを振り返ります。


○1月

人恋歌に出てない僕は劇団的には特に何も。

映像はスクエリのDVD紹介映像を作りました。


○2月

1.G.Kのリリースパーティーへ出ました。

久々のバリの神話はめちゃくちゃ楽しかった。

映像作ってない。新しいiPadを買いました。


○3月

ルミエールの冒険

この辺は映像を作っていないはず。冒険用に作った動画とかはある。


○4月

壱劇屋×クロネコキューブ

映像全然作ってない。何もしてへんやんけ!!


○5月

スペドラ 鼎談

新しい生活の提案 日替わりゲスト

仕上がっている中、短い時間ポッと入れられるの本当に緊張する。

しかも初日の1ステ目。緊張したなぁ。

新しい生活の提案は出演者別のツイッターCM作りました。

これはもう今やDVDの特典映像でしか見れません。

五彩の神楽のPVもこの時作りました。

新しい生活の前説で流しました。

今後もこの手法使っていきたい。


○6月

新しい生活の名古屋、東京期間。

スペドラ アフタートーク

もっとトーク力とコミュ力ほしい


○7月

五彩の神楽 基礎稽古開始

新宿コントレックスに出ました。

VR島と魚肉とケチャをやりました。

客席に飛んでったオムツを回収しました。

塩原さんが傾倒し過ぎて心配になりました。

日報を撮りだす。7、8月しかサムネイル頑張りませんでした


○8月

憫笑姫 アクションモブ

開場映像を作りました。

猩獣スライドショー

独鬼スライドショー

独鬼DVD紹介映像。

賊義賊PV。

英語版の五彩の神楽PV。

も作りました。


○9月

賊義賊 アクションモブ

ウェブラジオ出演

憫笑姫 スライドショー

憫笑姫 DVD紹介映像

心踏音 PV

この辺からはずっと映像作ってます。

週刊壱劇屋の最終回もこの時。

エンドロール、無駄に気合いを入れました。


○10月

ラブリーフェスタの「くじらの遊び場」に出ました。

憫笑姫の上映会

賊義賊 スライドショー

賊義賊 DVD紹介映像

戰御史 PV


○11月

戰御史 狂人役

ここも思ったが仕上がったとこに短い時間放り込まれるのは本当に緊張する。

心踏音 DVD紹介映像

荒人神 PV

スライドショーは柏木に託しました。


○12月

荒人神 アクションモブ

新栄トワイライト 島シリーズ

戰御史 DVD紹介映像

新しい生活の提案 DVD 紹介映像

新しい生活の提案 劇中歌MV

五歳の神楽 エンドロール


こんだけかな?

抜けてないか?

毎月宅飲みはしてたし、細かいのはいっぱいありそう。


2018も1月からなんやかんやしていきますので、ぜひお付き合いください。

2018はもっと映像のスキルアップするぞぉ!

今年もよろしくお願いいたします!!


2017を振り返ろう! (井立)

  • 2017.12.31 Sunday
  • 23:33
いだてんです!
五彩の神楽終わりで色々書いたような気がするので、シンプルに!行きます!

2017年出演舞台!


?SKYプロジェクト
「知永とAllyのニューイヤーパーティー」

劇団空組の知永さん企画に初出演。
これ今年?まじか。
えらく遠い記憶のような気がしますが、歌と殺陣をやったような気がします!


?Rinanaワンマンライブ
「Rinana's STYLE 2017」

細野江美さんの紹介で、神戸のシンガーソングライター"Rinana"のバックダンサーとしてライブに初出演。
スクールを卒業してからほとんど踊ってなかったけど、ここから、ダンス意欲が復活。


?メイシアター×劇団壱劇屋
「人恋歌〜晶子と鉄幹」

僕がとても大好きな作品。
石川啄木を演じました。
台本読んで1番ビビッと来た役。
岩手弁をレクチャーして頂き、がんばりました。
高橋さんの脚本×大熊さん演出がとても効いていた斬新な作品だったんじゃないかなと思います。
再演したい。


?SKYプロジェクト
「SKY vol.10」

知永さん企画2回目の出演。
この辺り何かとお世話になりまくりでした。
短編芝居やら、一曲演出やら、色々させてもらいました。
楽しかったなあ。


?1.G.K「Circle」リリースパーティー
壱劇屋「島にまつわるコント」

賊義賊にご出演頂いたKATSUさんがボーカルを務めるロックバンド"1.G.K"のアルバムリリースパーティーに壱劇屋で出演。
異常なまでにウケた記憶。
バリの神話は何回やっても笑い堪えるの必死。


?劇団壱劇屋と愉快な仲間たち
「ルミエールの冒険」

ルミエールホールの大ホールと、裏通路やホワイエ、その他様々な場所を歩くツアー型演劇。
警備員チームの警備員役でございました。
この時、気管支炎を起こしていて、本番間際まで全く声が出せず、病院でステロイド注射を打ってもらい戦っておりました。
ほんと、大変だった。
でも公演としてはめっちゃ楽しかった。


?SKYプロジェクト
「SKY vol.11」

vol.10に引き続き。
出演者、作品数、過去最多って言ってたかな?
稽古期間まじ短かったけど、出演数13本くらいで本当に死んでしまうんじゃないかなと思いました。
キャパを無理矢理広げに行ってるような。
歌にダンスに芝居に、盛りだくさんでした!
演出と振り付けもした!


?Rinanaライブ

タイトル覚えてないけど、心斎橋Fanj-twiceにてバックダンサーとして出演!
怠け者の僕にとっては、定期的に人前で踊る機会があるのは有難いことです。


?SKYプロジェクト
「知永とAllyのお花見ナイト」

何回SKYプロジェクト出るねんってな。笑
とても可愛がってもらっていました。
ダンス作品や、デュエットライブ、ソロライブ、殺陣と盛り盛りでございました。


?Rinanaライブ

これもタイトル忘れたけど、神戸VARITにてバックダンサーとして出演。
別のユニットでスクール一緒やったシミクミが居て、キャレっ子ばっかりでした。
シミクミはやっぱり歌めっちゃ上手かった。


11.中之島春の文化祭
壱劇屋「新しい生活の提案」

こちらは出演しておりませんが、スタッフとして付き添い。
他劇団もいくつか見られて、面白かった。
良いイベントだなあ。


12.静岡ストレンジシード
壱劇屋「ドラマクエスト」

お客様参加型演劇。
ピカチュウ役だったり、ふなっしー役だったり、プーさん役だったり、でした。 静岡飯がとにかく美味しかった。
あとお客様のノリが良くて救われました。


13.劇団対抗コントバトル「ゲキバト」
イカスケ「四面楚歌シンドローム」

俳優の"天下茶屋"役でした。
青木さんのコント作品に出るのは1つの夢だったので、お声がけ頂いてとても光栄でした。
優勝は出来ませんでしたが、面白い作品でした。
一皮向けたかな?


14.チャリウッド2017

今年も壱劇屋はパレードで出演させて頂きました。
昨年は海賊でしたが、今年は学校の遠足がテーマで、クソガキ役をしました。
僕なりのクソガキをやっていたら、大熊さんから真面目に「いだてんちょっと、、キショいわ。」ってダメ出しされたのを覚えています。


15.劇団壱劇屋 東名阪三都市ツアー2017 「新しい生活の提案」

こちらも出演しておりませんが、初めてスタッフとしてツアーを一緒に回りました。
とても好きな作品で、初めは出たいな〜出たかったな〜とばかり思っていたのですが、裏でサポートするやりがいもたくさん見つかって、自身の成長に繋げられたのではないかなと思います。


16.Nico×frogs 旗揚げ公演
「檻の中の微睡み」

日替わりゲスト竹村さん枠に、サプライズで壱劇屋が出演させて頂きました。
組体操をしました。本番のギリギリまで近くの公園で稽古していたような気がします。
柏木は喜んでました。


17.Rinanaライブ

心斎橋Fanj-twiceにてバックダンサー出演。
この時に、Rinanaが次のワンマン芝居を入れたいみたいなこと言い出したんやったかな。
ここから始まった計画が、あと1週間でお客様にお目見えします。


18.茶屋町ベンダース

壱劇屋から丸山さんと参戦。
浴衣祭りだったかな?浴衣で歌って踊りました。
このイベントももっと有名になってほしいなあ。


19.劇団壱劇屋
五彩の神楽「憫笑姫」

五彩の神楽の第一弾。
独鬼ぶりの殺陣、アクションモブでした。
一発目にしては段取りも舞台セットもなかなか過酷だったような記憶。
ゲストは末満さん、りなっち、川端さん、真壁さん。
千秋楽後、これあと4回もあるんか、、 って思ってました。


20.劇団壱劇屋
五彩の神楽「賊義賊」

五彩の神楽の第二弾。
「憫笑姫」の世界観たはかけ離れた、ポップなオープニングから始まります。
ゲストはるみちゃん、KATSUさん、いくやんさん、にいやんさん。
僕は瓦版屋役とアクションモブと、行ったり来たりでした。
千秋楽後、2個終わった、、あと3個、、、
と思ってました。
がその反面、早く次がしたい。と思うようにもなってきました。


21.ラブリーフェスタ
壱劇屋「ドラマクエスト」「クジラの遊び場」

ストレンジシードでやったドラマクエストをルミエールホールで再現しました!
ドローンが壊れてしょっぱい終わり方になりました。

クジラの遊び場はルミエールホールの吹き抜けになっているテラスでさせて頂きました。
床がトゥルントゥルンで何度もこけそうになりました。
久しぶりの大熊さん演出で楽しかったです。


22劇団壱劇屋
五彩の神楽「心踏音」

五彩の神楽の第三弾。
台本を読んだ印象では僕イチオシで、個人的にとても楽しみにしていた作品。
ゲストは、よっしーさん、坂口さん、美里ちゃん。
もうなんか人間ってなんなんだってただただしんどい作品だった。
でもやっぱり好きだった。
植松ダンス選抜でも踊れてよかった。
あと稽古場でよっしーさんの代役をしてて、初めて芯を経験して少しは成長出来た気が、、


23.細野江美プロデュース公演
「V.O.I.C.E」

江美さん原案の、竜崎さんの脚本演出。
お芝居×ダンスの割と攻めた作品。
オープニングの攻め感。
あと僕はテンという男の子の役で、真壁さん演じるリツの幼馴染でした。
重要な役どころを頂けて、楽しく演じました。
この役がかっこいいと好評で嬉しゅうございました。


24.劇団壱劇屋
五彩の神楽「戰御史」

五彩の神楽の第四弾
スタッフとして参加。
稽古場ではなんちゃって演出助手。
劇場ではサンプラー補佐でした。
出演しなくても成長ポイントがたくさんあるのが壱劇屋。
ゲストは赤星さん、駿九郎さん、満腹さん、サリngさん。
ゲストの皆さんめちゃくちゃかっこよかったですが、アクションモブがとてもかっこよかった。
あと、大変そうだった。


25.劇団壱劇屋
五彩の神楽「荒人神」

五彩の神楽の第五弾。
なんにでも終わりは来るのだなあと。
憫笑姫ターンでは柏木と兄妹役でした。
全てにおいて五ヶ月の集大成でした。
ゲストは薫ちゃん、亨くん。
シークレットゲストは、赤星さん、よっしーさん、美里ちゃん、真壁さん、川端さん、りなっち。
主役チームが出て来るところは本当に客先で観てみたかった。
幕の仕掛けを裏でイジイジしてましたので。
千秋楽終わりのあの大拍手は忘れられませんなあ。
感動しました。
ありがとうございました。



ざざざっくりと書きました。
書いてないけど、合間にストリートライブとかもやってます。
2017年めっちゃ色々やってた。

写真も添えようかと思ったけど、間に合わないなあ。
写真は写真で、また別で載せようかなあ。


本当に、僕に関わってくださる皆様のおかげで素敵な幸せな一年でした。
来年も、さらに飛躍出来るよう精進して参りますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします!


それではこのブログはこの辺で!
良いお年を〜!!

さらば2017。(西分)

  • 2017.12.31 Sunday
  • 23:30

年越しそばより年越しうどん派。
こんばんは、西分です。



2018年の背中が見えてきました。
間も無く2017年も終わります。

毎年言ってますが、一年が本当にあっという間で、本当に12カ月あったのか?と疑いたくなる気持ちすらあります。



壱劇屋に入ってから初めて、役者を辞めることを本気で考えた年でもあり、もう少し頑張ってみようと決意できた年でもありました。
良き一年だったように思います。


2018年は壱劇屋創設10周年。
これでもかと盛り上げていきたい所存です。

人間・西分綾香としても節目の年です。何かを成し遂げることができるのか、否か。


ずっと続いていく確約はなくて、まだまだ強固な存在ではない劇団ですので、今後も続いていけるように、続けていける手応えを得れるような、そんな一年にしたいと思います。





今年初めて壱劇屋に出会ってくださった皆さん、新しいご縁をありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。


今年も壱劇屋にお付き合いくださった皆さん、お世話になっております。今後ともよろしくお願いします。


しばらく壱劇屋を観てないなぁという皆さん、全国あちこち出向いていける劇団になるまで暫しお待ちください。今後ともよろしくお願いします。









出演履歴やらは壱劇屋ツイッターで振り返りましたので、駆け足ですがブログではこれにて!
良いお年をーーーー!!!




五彩の神楽おわり!(河原)

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 01:32

無事に走りきりました!


どうも僕です。


今年の7月から稽古がスタートした五彩の神楽。

昨日ついに最終日を迎えました。


長い長い5ヶ月連続企画。

本当に終わるのかと思っていたら終わりましたねぇ。


僕は

○憫笑姫 アクションモブ

○賊義賊 アクションモブ

○心踏音 お休み

○戰御史 狂人役

○荒人神 アクションモブ


といった感じでした。

それと、映像制作が

○猩獣 スライドショー

○独鬼 スライドショー

○憫笑姫 スライドショー

○賊義賊 スライドショー

○独鬼 物販紹介映像

○憫笑姫 物販紹介映像

○賊義賊 物販紹介映像

○心踏音 物販紹介映像

○戰御史 物販紹介映像

○新しい生活の提案 物販紹介映像

○新しい生活の提案 劇中歌MV

○五彩の神楽 PV

○憫笑姫 開演映像

○賊義賊 PV

○心踏音 PV

○戰御史 PV

○荒人神 PV

○五彩の神楽 エンドロール


○日報 いっぱい


こんだけ作ってますねぇ。作りすぎだ。

心踏音と戰御史のスライドショーは柏木に作ってもらいました。


きっとこのレベルでの濃密な期間はもうしばらくないでしょう。

とにかく本当に無事に終われて何より。

半年間誰もドロップアウトしなかったのは本当に素晴らしい。


せっかくなので、エンドロールの話を少し。

10月の段階で次のツアー公演は独鬼やるので、荒人神の大千秋楽で予告を出したい、と竹村さんから。

その後、構成などを少し打ち合わせ、エンドロールからのあの演出になりました。


こっちの身としては、この祭りの締めくくりを僕の動画で締めるのか、なんてこったい。

という気持ちでした。

超プレッシャーでした。


でも、やるからには観てくれた人、出てくれた人、関わってくれた人全員を泣かすくらいのものを作ろうと思っていました。

でもやっぱ難しく動画内の構成はかなり苦戦しました。劇団員からもいっぱいアドバイスもらって。

そうして出来たエンドロール。映画やドラマではなく舞台だからこそ。劇場で観るからこそのエンドロールができたかと思います。

いっちゃんにも写真をかなり協力してもらいました。荒人神のPVとエンドロールはほぼ僕といっちゃんの共作ですよ。


一番苦戦したのが、曲選び。毎回曲の展開を元に構成を組むのですがなかなか良い曲が決まらず。

たくさんの曲を聞いて、聞いて、聞いて、探しまくっていたある日、あの曲と出会いました。

聞いた瞬間に「これだ!」となりました。

かなりの数を聞いてやっと出会えた曲。


なんという曲名か、と調べたところ「Dream Chasers」という曲名。訳すと「夢追い人たち」

なんていうか、運命感じたというか。凄くないですか?ぴったり過ぎるでしょ。


苦労して曲を選び、悩んで構成を決め、その結果、あの映像が出来ました。

チャンスはたった一度。

大千秋楽のエンディング始まった瞬間から、そのことが頭でいっぱい。


なんとかミスが起きず、皆さんに観てもらえました。

あの5分のために、いろんなことを費やして本当に良かったと思います。


とにもかくにも、殺陣と動画にまみれたこの2017年後半。

お付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。


僕はあと今年最後のイベント出演、新栄トワイライトへ明後日出て、今年の演劇活動が終わります。

来年は一体どうなるのかな。

今年最後のブログかな?更新するかな?するか。


それでは、また!

河原でした!

#私と五彩の神楽 (西分)

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 23:40


こんばんは、西分です。

12月26日ですね。
五彩の神楽が終わりました。




荒人神について。
公演情報には名前のない、いわゆるシークレットキャストが5名(千秋楽だけ6名)いらっしゃるという、特殊な公演でした。

各月の主人公が最終章で集結する、という構想は企画段階から存在して。
その試みを受け入れてくださった、中村るみちゃん・吉田青弘さん・赤星マサノリさん。

出番はほんの一瞬ながら、物語のその後をどうしてもお見せしたくて、無理を承知でご相談したら快く出演を決めてくださった真壁愛さん・川端優紀さん・今中美里さん・久代梨奈ちゃん。
あと、アクションモブからの早着替えに応じてくれた新谷佳士さん。




そして実は、事前の劇団会議において、<もし目標動員に届きそうになければシークレットキャストの皆さんも出演を告知しよう>と決めていました。
サプライズと公演の興行的成功、どっちを重視するべきかという意味で。


結果、今までにない速さで前売り券が完売していき、この企みはなんの障害もなく実現しました。




・・・いや、これ、ほんとに凄いことやと思うんです。
主語は壱劇屋ではないです。
ゲストおよびアクションモブの皆さんと、お客様です。



稽古に参加していることも書いちゃダメ、写真も載せちゃダメ、あの人も出るよって言っちゃダメ、という縛りの多い環境を受け入れてくださったこと。

ネタバレ厳禁のため内容は明かせません、でも見に来てくださいという宣伝を信じてご予約くださったこと。



これら全てが揃わなければ、この形での「荒人神」は存在しませんでした。

本当に、本当に、ありがとうございました。





五ヶ月連続で新作をやるということで、何もかも順風満帆ではありませんでした。

作業も稽古も絶え間なく押し寄せて、それでも企画は進んでいて。

責任もある。助け合いもできる。
劇団だからこそ出来たことばかりです。

そんな中で完成した作品たちが沢山の方に愛されていること、上手い言葉が見つかりません。

ただただ感謝しかありません。




赤星さんが、

「いつか一週間くらい劇場を借りて五作品一斉上演できたらええな」

と仰っていました。


五彩の神楽は再演しません(できません)が口癖でしたが、ナルホドそれならアリかなぁなんて考えてしまいました。


いつか壱劇屋がもっともっと地力のある劇団になって、皆さんがまた出てもいいよと言ってくれて、また観たいと言ってくださるなら。

いつかそんな日が来たら素敵だなと思います。




五ヶ月間お付き合いいただき、本当にありがとうございました!





追伸。
今日から投票の始まった【CoRich!舞台芸術アワード2017】で、我々壱劇屋、二連覇を狙っています。

良ければクチコミ・投票お待ちしております!


第1位獲れたら、あのー、なんかやります!私に権限はないので劇団会議に出します!
なんだこの公約!!!


五彩の神楽、完!(井立)

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 17:57
いだてんです。
8月より始まった五ヶ月連続企画『五彩の神楽』5作品全ての公演が終了しました。
僕にとっては、今までの人生で1番のビッグイベントでした。

本当にたくさんの人に協力して頂き、みんなの力でこの企画をやり遂げる事が出来ました。

ツイッターでお客様が、「ネタバレツイート解禁にはなったものの、何からどう書いていいやら」という事をたくさん書いて下さってますが、僕もまさにその状態です。
この五ヶ月間、本当に色んなことがありました。
嬉しいことも悲しいこともあって、楽しいことも辛いこともあって、想い出なんて語り出してしまえば僕はきっとこのブログを書き終えることが出来ないでしょう。
それくらい、濃厚で充実した五ヶ月でした。

劇団員にも、アクションモブにも、ゲストさんにも、スタッフさんにも、お客様にも、家族にも、めちゃくちゃお世話になった。
本当に、感謝してもしきれない。

ありがとうございました。


個人的な話をすると、僕にとって昨年の「シャドウトラフィック」が壱劇屋本公演デビュー作で、その翌月の「独鬼」が殺陣デビュー作でした。

あの頃は分からないことだらけで、ただやるだけに必死でしたが、この五ヶ月企画では殺陣や演技のスキルアップはもちろん、作品への取り組みや根本的な意識、考え方から変わった気がしています。

それもこれも、竹村さんや各月のゲストさんを始め、尊敬出来る共演者たちと一緒にここまでやってこれたからだなと。

これだけの出演者がいて、あの危険度の高い舞台で、過酷なスケジュールで、誰も大きな怪我をせず、病気もせず、欠員無しで最後まで乗り切れた事は本当に素晴らしい事だと思います。
本当に良かった。本っ当に良かった。

ひとつ心残りがあるとすれば、「荒人神」を客席から観ることが出来なかったこと。
これはもう本当に。
こんなに客席で観たいと思った作品はないです。笑

でもそんな、自分たちも良いと思える作品を、たくさんの方に観て楽しんで頂けたことがとても幸せでした。
これからも、皆さんに楽しんで頂けるように、色んなことをやっていきますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。

まだまだご感想お待ちしておりますので!


では!
良いお年を!











PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

壱劇屋Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM