TABOO終演!(井立)

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 17:54
いだてんです。

遅くなりましたが、改めて、劇団壱劇屋10周年記念公演「TABOO」にご来場頂いた皆様、様々な企画や宣伝にご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました!


森ノ宮ピロティホールは大きかった!
満席とは行かなかったですが、1日で約1000名のお客様に観て頂けたこと、心から嬉しく思います。

そして、次に劇団でピロティサイズの劇場で公演をする時は、必ず満員にしたい。という新たな目標も出来ました。

カーテンコールでの皆様からの大きな拍手に感極まり、らしくもないですが目頭が熱くなりました。
僕は僕の今出来る全力で挑んだし、みんなもそうじゃないかと思います。
とても清々しく、何も悔いなく出し切りました。

皆様からのご感想を嬉しく楽しく読ませて頂いているのですが、「壱劇屋だった」というご感想がとても印象的でした。

僕は今までそんな視点で舞台や映画やライブを観たことがないというか、○○を観に行ったら○○であることは当然で、それでも敢えて「壱劇屋だった」という感想を書いて下さっている方がたくさん居て、

人によって色んな意図があるんだと思うんですけど、これは壱劇屋にとって最高の褒め言葉なんじゃないだろうかと僕は勝手に解釈しています。

もう一つ「劇団力」というワードもよく見かけたのですが、しっかり壱劇屋の魅力を、壱劇屋の劇団としての在り方をお見せ出来たのかなと、そしてそれを、評価して頂けたのかなと、大変嬉しく思います。
たかだか一劇団員ですが、本当に心からそう思います。
ありがとうございます。


個人として嬉しかったのは、「見る度に(役によって)毎回全然違いますね」というご感想。
これはシンプルに、役者としてとても嬉しいです。

どんな役でもブレなくてそれが最大の魅力に出来る人もいますし、やる役ごとに全然違った一面を見せられる人もいますし、どちらが優れているとかはないと思うのですが。

僕は役にしろ活動にしろ、生身の自分真っ向勝負で勝てるほどのカリスマは持ち合わせておらず、色んな面をお見せする事で楽しんでもらおう派なので、「いつも全然違う」と言って頂けることは僕にとって最高の褒め言葉です。

これからも色々な工夫や努力を積み重ねて、皆様に楽しんで頂けるよう、自分がもっと楽しめるよう、個人としても劇団としても更に飛躍し、先ずは2019年を全力で駆け抜けようと思います。

次回公演は3月。
ぴあ×壱劇屋 第二弾「猩獣」です。
TABOOで強力なサポート力を発揮してくれた新人ズがついに本格始動しますからね。
豪華なゲストさんもいますからね。
配役発表も楽しみにしててください。

井立天と劇団壱劇屋を今後ともよろしくお願い致します。
本当に、ありがとうございました!

















































プレからピロ(山本)

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 06:07
幻の栄枯盛衰の壱劇屋ブログへようこそ。

ツイッターをがんばるとこの村の存在をわすれてしまいます。


筆を持つ人間が増えた今の壱劇屋をもってしてもこの村にかつての栄華と繁栄を取り戻すことかなわず、悲しいですね。

さて、プレ公演もしばらく前に終わりTABOOの稽古も佳境を迎えております。僕事山本は主役なので、まぁまぁ出ずっぱり、セリフ言いまくり、舞まくりなのです。体力をものすごく使います。一回の食事で米2合は毎日食べてますお腹が空くんですねぇ。それだけカロリーが多い作品だとおもいます!


プレ公演から次のピロ公演までに幾分か演出が編集されてますしプレを見た方はピロと見比べて見てください!


チケットも幾多数多ありますし、初めて来られる方も大歓迎!ピロティを満席になってる状態で見てみたい!(祈り)




TABOOでの僕のオススメポイントは小林くんの腹筋です!
劇団員の中で唯一のシックスパックホルダーしかもエイトパックになるポテンシャルを持ち合わせている。

きっと彼も12日の公演に向けて腹筋をさらに鍛えて綺麗なエイトパックに仕上げてくるに違いありません!是非彼の腹筋が6つか8つになってるか確認しに来て下さい!


https://ichigekiyaoffice.wixsite.com/ichigekiya-taboo


瀕死の村(山本)

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 06:20
ここは、

村民たちが一人また一人と去っていった壱劇屋ブログ村。



全盛期のブログ村は活気に満ち溢れ花は咲きほこり動物達はのを駆け回っていた。

しかし今や手入れのされていないこの村は惨憺たる惨状をあらわにしている。

気まぐれに訪れるものはおれど定住するものはおらず、ただ忘れられた地と成り果てている。




そんな中訪れたのは私事山本


どうやら少し前に誰か来ていたようだ。
なになに井立くんがきたようだ、


前回出ていた公演の事を綴られた碑文がある。
時の経過がわかる
風化していて書かれている事がいつの事かわからない。しかし熱意は伝わった。


私はこれよりこのブログ村の復興のために少し力を尽くそうと思う。

ほんの少し。

またかつての栄華をとりもどしたい気持ち。


昨日は劇団の会議でした。
人数が増えて事務所はひとで溢れかえっていた。
10年経つとこんなに人数が増えるのか、
あ、ステイツから帰国した座長がお土産を持って来てくれた。

ハリボーのグミ、ナッツ類の菓子、そしてガム。

ナッツの菓子は食べていないが、ハリボーステイツ版とガムを食べた。

日本に生き日本にあるのもしかほとんど口にしていない人間には、なかなか刺激の強い味だった。

ハリボーは日本にもあるが、味がステイツ味だった。ステイツの一部がそこにあった。

ガムはステイツの人間の堅牢な顎を作っている食べ物だった。とにかく硬い。びっくりした。

ステイツおそるべし。

さよなら竜馬 完!(井立)

  • 2018.09.30 Sunday
  • 22:13

いだてんです。

9/27〜30 おうさか学生演劇祭×劇団壱劇屋×一心寺シアター倶楽 共同プロデュース『さよなら竜馬』全6ステージ(内1ステージは映像配信)全て終了致しました!

演劇活動の中で初めて、自然災害による公演中止を経験しました。
こんなにも悔しいものだとは。

動員目標は720名でしたが、最終の総動員は628名でした。
台風さえ来なければ事前予約時点で750オーバーだったのに!なんてこったい!!!

とは言いつつ、本来の千穐楽の時間にフルの映像配信を行い、それがなんと1700名の方にご視聴頂けました。
Twitterのハッシュタグもトレンド入り。

これはもはや、目標動員を大幅に達成したと言っても良いのでは。と私個人は満足しております。

と言うのも。
今回、壱劇屋からは演出の大熊さんを除いて若手のみ。
ただ作品を作るということだけではなく、裏方作業も含め全て、若手のみで取り組みました。

私は特に、SNSを中心とした広報を担当しておりまして、皆様にどうアプローチすれば興味を持って、劇場に足を運んで頂けるか。
ご予約頂いている方が、より良い形で作品を楽しんで頂く為に何が出来るか。
そんな事を、役作りと共にひたすら考える日々でした。

西分さんから助言をもらいつつ、お春の知識をたくさん借りつつ、ただ出来る事を必死に取り組んだ結果、このような形で実質目標を達成出来たことが本当に嬉しく思います。

広報以外にも小道具・衣装・殺陣付け他、壱劇屋の劇団員がそれぞれの持ち場をしっかり担保し、団結して、若手だけでもこれだけの結果を生み出せた事は、1つ大きな自信になりました。

もちろんこれは、紅組さんや本若さんを始め、たくさんのご協力があってこそで、本当に感謝しております。




さてさて、ここからは出演者や、作品の中身について触れていきたいと思います。

大熊さんが演出をする時代劇は、「人恋歌〜晶子と鉄幹〜」という作品で一度経験していたので、今回も面白くなるだろうと確信はしておりました。

が、この企画の出演者は壱劇屋だけではなく、ほとんどが学生のオーディションメンバー。

舞台経験も、殺陣も、ダンスも、その他いろいろな経験値の差が人によってバラバラで、どちらかと言うと皆、不慣れな事の方が多かったのではと思います。
殺陣やダンスに関してはほとんどの子が未経験だったのでは?

着物を着る事すらもままならないような所から、一つ一つ基礎から稽古し、短期間で様々な事を詰め込んだ稽古でした。

出来ない事を一つクリアするのも大変な中、二つも三つも同時にやらされて、みんな大変だったろうなと。

それでも誰一人へこたれず、必死に食らいついて、分からない所を何度も聞いて、仲間と良いことも悪いことも言い合って、毎日一生懸命取り組む姿勢は本当に素晴らしかった。
みんなで尻叩きあって、切磋琢磨してる姿がすごく良かった。
時には我々がオーディションメンバーから学ぶ事もありました。

何でも器用にこなせる人なんてこの座組には一人もいなかったけど、それぞれ一つ一つクリアし、一歩一歩前に進んでました。

僕は、「人が変わるには自分が変わろうと思わないと無理だ」と思っていて、逆に言えば「自分が変わろうと思えば人は誰だって変われる」と思っています。

この『さよなら竜馬』という作品に取り組む中で、この事を改めて実感しました。

自分自身に対しても、劇団員に対しても、その他の出演者に対しても、それをすごく感じました。

間違いなく、皆この公演を経て成長し、また、これから更に成長する為のきっかけを得たのではないでしょうか。

キャスト一人一人についても書きたい気持ちではありますが、無限に続いてしまいそうなのでブログではこの辺にしておこうかと思います。
あとはTwitterなどで!


最後に、我々が自信を持ってお届けした『さよなら竜馬』をたくさんの方に観て絶賛して頂き、佐々木唯三郎という役を演じることができ、私はとても幸せでした。

この公演に関わって、支えて下さった全ての皆様に、心からお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました!

壱劇屋はこれから更に前に前に進んで行きますし、さよなら竜馬の出演者も皆、これからどんどん活躍して行く事でしょう!
なんてったって!みんな若いから!

28年後に、伝説の作品になっている事を夢見て!




客演終わり&次は!(安達)

  • 2018.07.05 Thursday
  • 00:07
どうもこんにちはこんばんは。

安達です。

久々に民になりにきました。


独鬼大阪公演、ご来場ありがとうございました。衣装を作った人です。
初めましての方は以後お見知り置きくださいませ。


とかいいつつ私は、壱劇屋をそっと見守りつつ外部出演に出ておりました。
(5日中、2日はABCホールに小屋入りしたんやけどね)



片岡自動車工業VOL4お局ちゃん御用心!
@HEPホール

ご来場いただき誠にありがとうございました!!!




壱劇屋を見に来てくださっているお客様も沢山ご来場いただきまして、壱劇屋の感想や衣装の感想などもいただき感無量でした。
ありがとうございます!
愛知と東京には私も参りますので!まだまだ感想お待ちしてます!!


あっ東京では大事な仕事も仰せつかってます私!!(アレですよ!アレ!)






さて出演の方の話をします。

外部に出演すると、
「いつもと違う!」
「劇団で見れない!」
など新たな扉開ける感じがご感想に伴ってくるのですが、今回私はやたらと
「安達さんがきゃっきゃしている。」
「安達さんが笑っている」
「安達さんが若い」
「安達さんが笑っている」
「安達さんが笑っている」

など、おや?
待てよそんなに私笑わないイメージあるの??なご感想多数。

振り返るとイベントを除くと2017年壱劇屋でした役はふてこい嫁(新しい生活の提案)と靄( 荒人神)。

なるほど。






皆さん!私も笑いますよ。


人並みには!!!笑




↑開演前のアップ時に脱いだ時verの服でオープニングを歌う図





そして、初めて地震での公演中止という経験をしました。
以前壱劇屋ではないのですが、台風で電車が動かないということで公演中止になった事はあるのですが、あの時のそれとは全く違う思いをしました。

キャストスタッフの安否から何から、公演が行われるのかどうか、明日からどうなるのか、劇団員は無事なのか。一人で
「揺れているな。地震か嘘やろ」
と思いながら考えました。

やりたい事も、会いたい人も、伝えたい事もまだまだあるのにこんなタイミングで死にたくないと思いました。
(我が家が割と被害被ったので余計にセンシティブに捉えてる感はあります。被害度合いとしてはそんな死にそうにでは無かったのでご心配なく!)


片岡さんはじめ皆様の尽力により次の日からは公演が再開され、私の演劇人生の中でも忘れがたい公演になりました。

本当にもう誰に御礼を言っていいのか最早わかりませんがありがとうございました。

ほんと、皆無事で良かった。

長くなってしまうのでこのあたりで。





さて、そんな私はこれから夏にかけて、ツアーについて行ったり、2作品の衣装を作ったり、(パプリカン?ポップさんと匿名劇壇さんの衣装を作らせていただきます)します。

出演はまたぼちぼちと!


では。お写真貼って終わりにしようと思います!


↑主演の袋小路林檎さん。
素敵過ぎる女性です。


女子集合。
千姫がおらん?!何故だ!


女子楽屋にて本気で縫う。
髪型がこの角度で落ちて行かないヘアメイク。すごい。




感情をなくした安達。
頭を外した開放感か。(額の富士額はヘアバンドを取るとこうなる。楽屋裏をこの状態で歩くと皆がちょっと笑ってくる。)

久々にブログ書く(河原)

  • 2018.06.23 Saturday
  • 17:55
飛ばしまくり!



どうも僕です。

またツイートだけをまとめる記事を書きます。

まず独鬼大阪公演が終了いたしました!
ご来場いただいた皆様ありがとうございました!




WORDLESSシリーズ初の三都市ツアーでございますので、まだ独鬼は続いております。
次は東京!絶対に見に来てほしい!

この東京公演に先駆けて、名古屋、東京と二ツ巴の上映会が行われます!!







ぼくはなんと両都市います!出てないのに!
こちらもぜひご参加ください!

あと、ただいま安達さんが片岡自動車工業にて絶賛本番中!
HEP HALLにて「お局ちゃんご用心!」に出ておられます!
僕も見に行きました!ぜひ皆様も!





そんで、あと大阪公演にて10周年記念公演の詳細が!




こちらまた詳細は追って発表していきますのでぜひチェックしてってください!

はい!終わり!
時間に余裕あるときにブログ書くぞ!

河原でした!

マックス(山本)

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 22:43
へい!再び!俺山本!

実は明日から小屋入りほんで今日は稽古最終日でした!

ブランクマックスの自分がワードレスマックス熟練者達とマックスな先輩達と行ってきた稽古が今日でおわりました!


最初できるかどうかかなり不安マックスでしたが、今はいけてる予感マックスです!

さらにすごくいい作品の予感マックスです!

今は疲れマックスなのですが、明日から小屋入りマックスなので!

体をケアマックス、復習マックス、準備マックス、宣伝をマックスして寝マックス!


小屋入りはマックススピードで仕込んでマックス安全に終わらせる所存マックスです!

頑張りマックス!


そんな色々なマックスを持つ独鬼のチケット

クリックしてを手に入れることのできるサイトのリンクを貼りマックス!




しかも俺の!フォーム!
大阪公演◎6/15-17

http://ticket.corich.jp/apply/90770/023



平成の初めから生きている(山本)

  • 2018.06.08 Friday
  • 03:04
平成末期、いかがおすごしでしょうか、僕はと言えば相変らず、毎日稽古行ったりしています。


そして、今日は公開稽古でした。

久しぶりに壱劇屋のお客さんの前に立つなぁ、動いたなぁという気持ちでした。
どうですかわりと動いていたんじゃあないでしょうか?


日頃から不摂生、不養生、不健康、の3連不を図らずも和音のように鳴らしながら生活をして、その不協和音をツイッターなどに流していた男がよもやここまで健康的に動けるとは僕は思いませんでした。

いや、良い動きをしているというわけではありません。

良い動きができるよう良い演技もできるよう慢心せず邁進していきたいなとおもいます。




...


かつての自分がいかようなプロセスでブログを書いていたか思い出せない。

調子がいい時はスラスラとなんとなくまとまった事を思い出していたのに今はもう文字、単語、熟語がふわっと浮かんでこない。



しかし、原因はなんとなくわかる。

最近本を読んでないからなのかもしれない。




またなんか本を読んで言語系の神経を鍛えてからブログを書こう。


そんなブログ無精の僕も出ている。

「独鬼」

特に初日!

6月15日!

僕の誕生日!

特に昼の回!

席空いてます!


席空いてます!


席空いてますよ!



席空いてます!!

誕生日プレゼントだと思って!


ここからどうぞ!



壱劇屋「独鬼」山本フォーム

大阪公演◎6/15-17 ticket.corich.jp/apply/90770/023

イベントまとめ(河原)

  • 2018.06.07 Thursday
  • 02:02
今週のイベントをまとめます!!



どうも僕です。
いよいよ来週末に独鬼は開幕。
その前週である今週は実はかなりイベントが目白押し。
本番前にぜひ参加してってください!

まずは日付変わって今日!
6/7 19:00〜21:00 門真市民文化会館にて公開稽古を行います!!





今までは2週間前くらいに行うことが多かった公開稽古。
この時期に見れる公開稽古は、おそらく貴重なものを見れると思います。
舞台上にこれが乗ればどうなるか、とか。
稽古段階でしかみれない、感じれない空気を味わってもらいたいです。
そしてそれをぜひほかの皆さんに伝えてほしい。

こちらは僕はおりません!

そんで、その後!22時よりAbema FRESH!にて
「本番直前!壱劇屋の宅飲み!」放送します。









きっと独鬼の公開稽古とは打って変わったものが見れるかと思います。
なんと今回で34回目の放送でございます。
こちらも、演劇の、舞台上では見れない感じを見れます。
今回出演者が全員ほぼ同年代ということで、本当に宅飲みしているみたいな内容です。

公開稽古から帰って、もしくは帰りながらこちらを見てください。

そしてそして!その日と次の日!
いだてんが道頓堀Gottaにてデビューします!





Gottaとは、道頓堀の劇場(ZAZAがあったところですね)で行われるロングラン・フードミュージカルとのこと。




こんな公式ソングもあったり!
詳しくは公式ホームページをご覧ください!
いだてん頑張ってね!

11時・13時・15時の3回公演!
ランタイム45分とかなりお気軽に見れる演目!
7日の公開稽古前に見てもらってもいいですし、7日に公開稽古、8日にGottaを見て、9日にこの後書くイベントに来て3日ずっと楽しんでもらってもいいですし!

僕もぜってぇ観に行くぞ!

そんで!そんでそんでぇ!
9日!独鬼の初演のシネコンを行います!




この間打ち合わせで試写しに行きましたが、くっそ最高でした。
まだご予約受付ておりますので、ぜひ観に来てください!
今後独鬼の初演映像で観れることは絶対ないと思います!

ここにも僕はいません!くっそぉー!

今週はこんな感じです!
盛りだくさん!ぜひ皆さんふるってご参加ください!

河原でした!

26歳の誕生日。(井立)

  • 2018.05.30 Wednesday
  • 23:08
いだてんです。

今日は26歳の誕生日でした。
たくさんのお祝いの言葉、本当にありがとうございます。

この日本という平和な国でさえ、いつ何が起こるかは分からない。
そんな世の中で26年間こうして元気に生きてこられて本当によかったと、そしてこれからも元気に生きていきたいと、心底思います。

人は欲望が強い生き物なので、少し何かあっただけで、それをマイナスに捉えてしまったりもしますが、「健康に生きている」それだけでも十分に幸せなことで、その他の、夢や目標・仕事・趣味・遊び・恋愛などは全てプラスアルファでしかないと思っています。

元々なくて普通な所を、自分の努力や周りの支えによって生み出されるプラスアルファ。

僕は運良くそれがたくさんあって、そしてありがたいことに年々それが増えていってます。

それもこれも、
日頃支えてくれている家族
僕の活動を気にかけ応援してくれる友人
目標を持ち続けていつも刺激をくれる仲間
様々なことに挑戦させてくれる劇団
毎日家族よりも長い時間一緒にいる劇団員

を始め、僕に関わってくださる全ての皆様のおかげです。

でもやっぱり、特に感謝しているのはおかん。
誰よりも応援して、誰よりも僕のファンでいてくれるおかん。
おかんがいなければ今の僕はおりません。

26歳という、別にキリがいい年齢でも、特別めでたい年齢でもありませんが、書きたいときに書いておこうと思いました。


たくさんたくさん受けているご恩を、これからも僕は今まで以上に芸事で返して行きたいと思います。

ええ歳して本当にまっだまだ未熟な所だらけなんですが、僕の幸せな楽しい人生にたくさんの人を巻き込んで、1人でも多くの人を笑顔に出来る役者・人間になれるよう精進して参ります。

今後とも、劇団壱劇屋の井立天をよろしくお願い致します。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

壱劇屋Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM